MIZUNO BLOG
イベント・おでかけ

デカパトス2022いつからいつまで?駐車場や混雑予想に持ち込みできるもの!

デカパトス2022が2022年7月9日(土)~2022年9月11(日)までではじまりました!

デカパトスには水遊の庭、水楽の庭、癒しの庭と様々なコンセプトのプールがあります^^

流れるプールやウォータースライダー系も数が多く、スパプールなんて他にはあんまりありませんよね。

他にも小さなお子さん向けのプールもあり、この種類の多さから家族連れにも人気がありあます!

そうなるとやはり混雑具合が気になるところ。

駐車場もどれぐらいあるのか知りたいですよね。

そこでこの記事ではデカパトス2022の営業期間がいつからいつまでなのかや、駐車場や混雑予想についてまとめてみました。

他にも水遊びグッズや食べ物などの持ち込みできるものについてもまとめてみましたよ!

この記事でわかること
  • デカパトス2022の営業期間はいつからいつまで?
  • デカパトス2022の駐車場(場所・台数・値段)
  • デカパトス2022の混雑予想
  • デカパトス2022の持ち込み可能物

デカパトス2022の営業期間はいつからいつまで?

デカパトス2022の営業期間は2022年7月9日(土)~2022年9月11(日)までです。

基本的な開園時間は10時~17時ですが、日程によって開園時間が異なります。

 

いわゆる、夏休みと言われるシーズンに入ると10時~18時になります!

画像を表にまとめてみました。

開園時間日程
10時~17時7/9~16、7/19、9/1~4、10、11
10時~18時(7月)7/20~23、7/25~30
10時~18時(8月)8/1~6、8/8、9、8/17~8/20、8/22~8/27、8/29~31
9時~17時(入水は10時~)7/17、7/18
9時~18時(入水は10時~)7/24、31、8/7、8/10~8/16、8/21、8/28

 

ちなみに退水(プール利用)時間は、終了時間の30分前です。

また9月5(月)~9月9(金)は休園しています。

せっかく行ったのに休園していた!なんてならないように気をつけてくださいね^^;

デカパトス2022駐車場(場所・台数・値段)

デカパトス2022の駐車場(場所・台数・値段)ですが、台数は650台で、値段は600~700円、場所はデカパトスの近くにあります。

駐車場の台数は650台です。

現在、立体駐車場は使用する事が出来ませんので気を付けてくださいね。

駐車場の値段は下記になります。

種別値段/1日
①普通車600円
②普通車700円

①②とありますが、①は平日料金②は土日祝および8/13~15の値段になります。

支払い方法は現金クレジットでのお支払いになります。

最近QR決済を多用して現金を持たない方が増えてますよね。

クレジットで払おうと思っていても人の出入りが多いと機械の故障もあるかもしれません。

念のために現金を用意しておいた方が安心ですね。

 

デカパトス2022混雑予想はどれぐらい?

デカパトス2022の混雑予想ですが日祝とお盆期間中が混雑すると予想されます。

先ほどの開園時間の画像でも日祝、お盆は早めに開園していましたよね。

混雑が予想されるので早めに開いているというわけです!

混雑回避方法平日に行く

混雑対策方法日陰を狙う

ここからは詳しく混雑回避方法混雑対策方法をお教えします。

デカパトス2022の混雑回避方法

デカパトス2022混雑回避方法ですが、ずばり平日に行く事です。

もちろん平日も人がいないわけではありませんが日曜祝日よりは人が少ないです。

最近コロナ感染者が増えている事もあり、屋外とは言えども出来るだけ人が少ない時に行きたいですよね。

お子さんも夏休みに入られた方も多いと思いますのでぜひ平日を狙ってプールに行ってみてください^^

 

こちらは7月17日なので日曜日の投稿です。

やっぱり日曜は混んでいますね^^;

デカパトス2022の混雑対策方法

デカパトス2022の混雑対策方法ですが、混雑が予想される日は日陰を早めに狙ってください。

オススメの日陰エリアは、更衣室・シャワー・ロッカールームの建物の前~トリトンの噴水のあたりです。

遮光テントのおかげで日陰なんですよ^_^

 

なぜ混雑が予想される日に日陰をとるかと言うと、日陰は早めに埋まってしまうからです。

この場所はロッカーも更衣室が近く荷物が多くなりがちな小さなお子様連れのご家族におすすめの場所になります。

またふれあい水遊びプールやキッズ専用プール近くも移動が楽ですよ。

 

そんな日陰をとる手段もお教えします!

  1. 開園前の30~1時間前に並んでおく
  2. 入園と同時に着替えるよりも先に日陰をめがけて即移動!

開園前から並ぶのは必須になります!

そして入園と同時にまずは日陰をめざして即移動

着替えはその後で全く問題ありません^_^

この2点を守って快適なプールライフを過ごしてくださいね♪

デカパトス2022持ち込み可能物

持ち込みできるものは主にうきわ、ビーチボール、水鉄砲のような遊びで使用するもの、サンシェード(簡易テント)などです。

しかしうきわなどの持ち込みにNGが出る場合もありますので、そちらの説明をしておきますね。

うわきビーチボール…1m以上の大きなものはNGの場合あり。

サンシェード(簡易テント)…大型のもの、4本脚のものはNGの場合あり。

他にもパラソルも持込可能です。

ただ、大きすぎるものはNGに当たる場合があるようです。

他の方の迷惑にならないようにが大前提での持込になるようですよね。

飲食物の持ち込み

また気になる飲食物の持込みNGに当たるようです。

理由は、真夏のため持ち込んだ飲食物が腐る恐れがあるので、施設内は飲食物の持ち込みを出来ればやめてほしいみたいです。

基本的には持ち込みNG(腐敗の恐れがあるため)

 

ただ飲み物は熱中症対策としても開園前から飲んでいて、それを持って入ってしまう事もありますよね。

それを咎められるということはおそらくないと思います。

 

食べ物に関しては売店がありますので売店で買った方が良さそうです!

本当に夏場の食あたりは、種類にもよりますが恐ろしいですので十分気をつけてくださいね…^^;

まとめ

ここまで「デカパトス2022いつからいつまで?駐車場や混雑予想に持ち込みできるもの!」と題してお送りしてきました。

・デカパトス2022の営業期間:2022年7月9日(土)~2022年9月11(日)で、

・デカパトス2022の開園時間:10時~17時

混雑状況によって開園時間の変動あり、9月5(月)~9月9(金)は休園

開園時間日程
10時~17時7/9~16、7/19、9/1~4、10、11
10時~18時(7月)7/20~23、7/25~30
10時~18時(8月)8/1~6、8/8、9、8/17~8/20、8/22~8/27、8/29~31
9時~17時(入水は10時~)7/17、7/18
9時~18時(入水は10時~)7/24、31、8/7、8/10~8/16、8/21、8/28

 

・デカパトス2022駐車場:650台・値段は600~700円

・デカパトス2022混雑予想:日祝、お盆期間中が混む

  • 混雑回避方法…平日に行く
  • 混雑対策方法…日陰を狙う

日陰をとるための手段は下記2点

  1. 開園前の30~1時間前に並んでおく
  2. 入園と同時に日陰をめがけて即移動!

・デカパトス2022持ち込み可能物:

  • うきわ、ビーチボール、水鉄砲のような遊びで使用するもの
  • サンシェード(簡易テント)

冒頭でもお伝えした通りデカパトスには様々なコンセプトのプールがあります。

出来ることなら混雑しない日に全部のプールを達成したいですね^^

休園期間もありますので日程は計画を立てて行動していきましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!