MIZUNO BLOG
人物

ガルージン駐日大使の妻と子供の顔画像!日本語は創価大学で習得!

この記事は「ガルージン駐日大使の妻と子供の顔画像!日本語は創価大学で習得!」と題しお送りしていきます。

3月2日の「プライムニュース」での小野寺元防衛大臣とのやりとりが白熱して話題になっていますね。

討論の内容そのものも注目を浴びていますが、ガルージン駐日大使の日本語が流暢なことに驚いている人も多いようですね。

今回はそんな話題のガルージン駐日大使の妻や子供について調査してみました。

また、ガルージン駐日大使は創価大学で日本語を学んだということで、創価大学との繋がりについても調べてみましたよ!

この記事でわかること

ガルージン駐日大使の妻と子供の顔画像!

ガルージン駐日大使は日本語を創価大学で習得

それではどうぞ!

ガルージン駐日大使の妻と子供の顔画像!

ガルージン駐日大使には妻と息子が1人います。

妻の名前はマリナさんと言います。

妻のマリナ・ガルージンさんの顔画像はこちら。

ガルージン駐日大使の横に立っている金髪ロングの女性がマリナさんだと思われます。

ガルージン駐日大使と身長があまり変わりませんね。

ヒールを履いていたとしても170cm以上は軽くありそうです。

息子さんに関しては情報がありませんでした。

ガルージン駐日大使は現在61歳です。

23歳で大学を卒業、外務省に入省しているので、25歳くらいで結婚、子供が誕生したとすると、息子さんは現在30代半ばになります。

よって多少の前後はあっても息子さんは現在30代ではないかと推測されます。

また、後ほど経歴は説明しますが、ガルージン駐日大使は日本滞在歴が長く日本語が堪能で、英語も話せるそうです。

その影響で息子さんもロシア語、日本語、英語が堪能だと考えられます。

もしかしたらそのような特技を生かした仕事をされているかもしれませんね。

何か情報が入り次第追記したいと思います。

ガルージン駐日大使は日本語を創価大学で習得

ガルージン駐日大使はモスクワ国立大学群の一つ、アジア、アフリカ諸国大学在学中に創価大学に留学しています。

1982年から1983年の1年間を交換留学生として、創価大学で日本語や日本文化全般を学びます。

創価大学は日本の大学で唯一「ロシアセンター」を開設しています。

その関係からか、ガルージン駐日大使は現在もたびたび創価大学で講演をされています。

また、その繋がりで創価学会とも縁が深いようですね。

学生時代にも創価学会の創立者である池田勇人さんとあったことがあるそうです。

ガルージン駐日大使の経歴

最後にガルージン駐日大使の経歴をご紹介します。

  • 誕生日 :1960年6月14日
  • 出生地 :モスクワ、ソビエト連邦
  • 学 歴: 1983 年モスクワ国立大学付属アジア・アフリカ諸国大学卒業
  • 言語:ロシア語・日本語・英語
  • 職 歴 :
  • 1983 年 :外務省入省
  • 1983-1986 年 :駐日ソ連大使館・職員
  • 1992-1997 年: 駐日ロシア大使館・職員
  • 2001-2008 年 :駐日ロシア大使館・公使
  • 2010-2012 年 :ロシア外務省・第 3 アジア局局長
  • 2012-2017 年 :駐インドネシアロシア大使
  • 2018 年 1 月-現在 :駐日ロシア大使(駐日特命全権大使)
  • 国家褒賞 :友好勲章

ガルージン駐日大使は1960年6月14日生まれの現在61歳です。

生まれはソビエト連邦のモスクワ。

大学卒業後に外務省に入省し、駐日ソ連大使館・職員として再び来日します。

2001年からは7年間駐日ロシア大使館・公使を務め、その後アジア局局長や駐インドネシアロシア大使を歴任。

2018年からは駐日特命全権大使に就任しています。

ペロシの若い頃が美人すぎ!現在82歳に見えないし仕草が小悪魔でかわいい!アメリカのペロシ下院議長が台湾の台北に訪問したことで話題になっていますね。 もちろん政治的なことで注目されているのですが、それ以外...

まとめ

ここまで「ガルージン駐日大使の妻と子供の顔画像!日本語は創価大学で習得!」と題してお送りしてきました。

ガルージン駐日大使は妻と子供が1人いることがわかりました。

妻の名前はマリナさんで顔画像もありましたね。

子供に関する情報は今のところありません。

また、ガルージン駐日大使は創価大学への留学経験があり、その時に日本語を学んだようですね。

その後もたびたび創価大学での講演をするなどの繋がりもあるとのことでした。

今後もテレビでガルージン駐日大使の流暢な日本語を聞く機会がありそうですね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!