MIZUNO BLOG
人物

井戸川射子の高校(勤務先)は西宮東?読み方や本名に家族(夫・子供)も!

井戸川射子(いどがわいこ)さんの「この世の喜びよ」が第168回芥川賞を受賞しました!

名前の読み方が「いどがわいこ」さんなんですが、かなり珍しいお名前ですよね。

 

なお、今回の芥川賞は佐藤厚志さんの「荒地の家族」とのW受賞となっています^_^

 

井戸川射子さんは現在作家業をしながら高校で国語の教師としても働いておられます。

となるとどこの高校で働いているのか気になりますよね!

また、作家さんはペンネームを使っている場合も多いので、本名なのかどうかも知りたいですよね。

さらに、井戸川射子さんの「この世の喜びよ」は、「育休で2人の小さい子どもを見ている時期があって、その時に書いた」とのこと。

そこでこの記事では井戸川射子さんの勤務先の高校がどこなのかや、本名に家族構成(夫・子供)などについて調査してみました。

 

  • 井戸川射子の勤務先の高校はどこ?
  • 井戸川射子の読み方と本名
  • 井戸川射子の家族(夫・子供)構成
  • 井戸川射子のプロフィール

井戸川射子の勤務先の高校はどこ?

井戸川射子さんの勤務先の高校は明らかにはなっていませんが、可能性が高いのは兵庫県西宮市内にある西宮東高校です。

その根拠がこちらになります。

  1. Wikipediaに西宮東高校と書かれている
  2. 「Bibliophiles」という西宮東高校の図書館が発行する新着図書案内・お知らせに記載がある

①Wikipedia

井戸川射子さんのWikipediaには西宮東高校で国語の教鞭をとっていると書かれています。

西宮東高校で国語の教鞭を取っており、水泳部の顧問でもある。また現在担任は持っていない。

引用:Wikipedia

ただ、報道や取材記事などを調べてみても、勤務先が西宮東高校とは書かれていないので、100%信用できるとまでは言えないでしょう。

②Bibliophiles

「Bibliophiles」という西宮東高校の図書館が発行する新着図書案内・お知らせに井戸川射子さんに関する記述を発見しました。

 

 

この情報をまとめると、

西宮東高校の名塚先生が「井戸川射子」というペンネームで「する、されるユートピア」という詩集を発表した

という内容になります。

「する、されるユートピア」は間違いないく芥川賞を受賞された井戸川射子さんの著作です。

 

\第24回中原中也賞を受賞作品/

 

このことから井戸川射子さんの勤務先の高校は西宮東高校の可能性が非常に高いと言えるでしょう。

 

井戸川射子の勤務先の高校は西宮東高校の可能性が非常に高い

 

 

井戸川射子の読み方と本名

井戸川射子さんの読み方は「いどがわいこ」と読みます。

さきほどの情報によると「井戸川射子」という名前はペンネームで、本名は「名塚」ということになりますね。

 

ただ、現時点では名字のみ判明しており、下の名前まではわかっていません。

 

井戸川射子=名塚

1月22日追記

井戸川射子さんが娘さんの高校の先生だったという方からご連絡をいただき、「井戸川」は旧姓だということが判明しました。

つまり、ご結婚されて名字が「名塚」になり、執筆活動は旧姓の「井戸川」でされているということですね。

 

メッセージをくださった方、ありがとうございましたm(_ _)m

井戸川射子の家族(夫・子供)構成

井戸川射子さんの家族についてはお子さんが二人いるということが分かっています。

しかし、夫に関する情報は今のところないようですね。

芥川賞を受賞されたことにより、今後更に注目を浴びるでしょうし、取材はテレビ出演などもあるでしょう。

その時に夫に関する情報も出てくるかもしれませんね。

 

ちなみに、井戸川射子さんは2022年度に育休から復帰したばかりです。

「この世の喜びよ」はこの育休期間中に2人の小さい子どもを見ている時期に書いたもの。

 

\芥川賞受賞作品♪/

「この世の喜びよ」に登場するショッピングセンターで働く女性には二人の娘がいるので、もしかすると井戸川射子さんのお子さんも娘さんが2人なのかもしれませんね。

また、公務員は育休を3年間取得することができるので、育休を3年間取得したとすれば下のお子さんは3歳〜4歳となります。

また、「2人の小さい子供」という表現から上のお子さんも未就学児ではないかと推測されます。

  • 夫:調査中
  • 子供:2人

 

井戸川射子のプロフィール

最後に井戸川射子さんのプロフィールをご紹介します。

■名前:井戸川 射子(いとがわ いこ)

■生年月日:1987年12月1日

■年齢:35歳

■出身:兵庫県

■在住:兵庫県

■出身大学:関西学院大学 社会学部

■職業:詩人・小説家・高校教師

井戸川射子さんは出身、在住ともに兵庫県で、現在の年齢は35歳です。

井戸川射子の学歴

大学については関西学院大学 社会学部卒業だとわかっていますが、高校については明らかになっていません。

ただ、ずっと兵庫県にお住まいのようなので、中学高校も兵庫県内の可能性が高いですね。

また、自身の出身校に着任する人も多いのでもしかしたら西宮東高校の卒業生ということも考えられそうです。

 

【関西学院大学】

井戸川射子の受賞作品

ちなみに井戸川射子さんは子供の頃は文章を書くのが嫌いだったそうで、妹さんの方が子供の頃に小説を書いていたそうですよ^_^

そんな井戸川射子さんの主な受賞作品はこちら。

2019年:「する、されるユートピア」第24回中原中也賞受賞

2021年:「ここはとても速い川」野間文芸新人賞受賞

2023年:「この世の喜びよ」第168回芥川賞受賞

これからどんな作品が生み出されるのか楽しみですね!

 

 

\芥川賞受賞作品♪/

 

まとめ

ここまで「井戸川射子の勤務先高校はどこ?本名や家族(夫・子供)にプロフィールも!」と題してお送りしてきました。

勤務先の高校:西宮東高校の可能性が高い

本名:名塚という名字の可能性が高い

家族構成:夫(?)・子供2人

高校の教師でありながら見事芥川賞を受賞された井戸川射子さん。

現在は育休から復帰しており、執筆の時間も1日に1〜2時間程度とのことです。

子育てに教師としての仕事に執筆と1人3役でとても忙しいでしょうから、体調にはくれぐれも気をつけて、素敵な作品を書いていってほしいですね^_^

error: Content is protected !!