MIZUNO BLOG
政治経済

一般献花はいつまでで行列の待ち時間は?服装や花の値段は?安倍元首相国葬

本日、9月27日(火)に安倍晋三元首相の国葬が日本武道館で執り行われます。

一般国民は国葬に参列できませんが、一般献花は行えるということで、現在行列がかなりの混雑状態になっています。

なお、一般献花は九段坂公園で行われています。

これから一般献花に向かいたいという人もいるでしょうから、一般献花が何時までで、現在の行列の待ち時間がどうなっているのかを調べてみました。

また、一般献花に行く際の服装などのマナーや持参する花の種類や値段についてもご紹介していきたいと思います。

一般献花はいつまでで行列の待ち時間は?服装や花の値段は?安倍元首相国葬

安倍晋三元首相の国葬に合わせた一般献花は、九段坂公園で午前10時から午後16時まで実施される予定です。

※午前9時半に繰り上げて始まりました

現在の一般献花の行列の待ち時間

現在の一般献花の行列の最後尾は平河町3丁目1 付近とのことです。(16:09)

行列は4キロ以上で待ち時間は4時間ということです。

もともと一般献花は16時まででしたが、列には午後5時まで並べることになったそうです。

昼間に比べれば涼しくなってきましたが、皇居周辺は飲料の自販機がないので飲み物は事前に用意しておきましょう!

花は事前に買っておく

安倍晋三元首相の国葬の一般献花では花は持参することになっています。

半蔵門駅周辺のお花屋さんは大混雑で花を買うにも大行列とのこと。

一般献花用の花は自宅の最寄りで購入することをおすすめします。

 

半蔵門の隣駅にある九段下駅近の花屋「シーズン・ハーツ」さんでは一般献花用の花束を用意しているとのことです。(12:50)

早朝には整理券の配布も

早朝から一般献花のための長蛇の列ができており、整理券の配布もされました。

朝8時ごろには整理券を配布して、8時半には整理券配布が終わったということで、現在は整理券の配布はされていません。

一般献花をされる方は行列の最後に並ぶしかなさそうです。

一般献花の服装は?安倍元首相国葬

一般献花に行く際の服装は喪服でも平服でも大丈夫です。

葬儀では喪服の着用が習わしとなっていますが、一般献花は葬儀とは違いますし、行列に並んでいる人の服装も平服の人が多いですよね。

今からでも服装を選べるのなら黒などのシックな色を選ぶと良いかもしれませんね。

一般献花の花の値段や種類は?安倍元首相国葬

一般献花に持参する花の値段や種類にははっきりとした決まりはありません。

値段については「個人の気持ち」ということで自由にされて大丈夫かと思います。

また、一般的には献花の花の種類は以下のようなものがあります。

  • ガーベラ
  • フリージア
  • 白色のユリ
  • 赤いバラ(トゲなし)
  • トルコ桔梗
  • チューリップ
  • スイートピー
  • ひまわり
  • 胡蝶蘭

ちなみに安倍晋三元首相の好きな花は「あじさい」だそうです。

 

実際に安倍晋三元首相の一般献花のために用意した花の画像をいくつか見てみましょう。

このように色々な種類の花束が献花されていますね。

花の種類や値段ではなく安倍晋三元首相に対する弔意が伝われば、どんな花でも良いのではないでしょうか。

まとめ

ここまで「一般献花はいつまでで行列の待ち時間は?服装や花の値段は?安倍元首相国葬」と題してお送りしてきました。

安倍晋三元首相の一般献花には現在長蛇の行列ができており、待ち時間も3時間ほどあるようです。

体調を崩さないよう十分お気をつけください。

また、服装は喪服でも平服でも大丈夫ですし、花も種類や値段にはこだわらずにご自身の気持ちが伝わる花束で良いでしょう。

error: Content is protected !!