MIZUNO BLOG
スポーツ

川野将虎は兄弟も競歩の選手!父親の職業や母親など家族構成も調査!

オレゴンで開催されている世界陸上2022競歩35kmで川野将虎(まさとら)選手が銀メダルに輝きました!

今大会では50km競歩が距離を短縮して35kmとなったので、初代銀メダリストということになりますね^_^

金メダルを獲得したイタリアのマッシモ・スタノ選手にわずか1秒差というデッドヒートで、パリ5輪金メダルが期待される素晴らしい走りでした。

そんな川野将虎選手の兄弟は2人いるのですが、競歩の選手で成績がすごいんです!

そこで今回は川野将虎選手の兄弟について調査してみましたよ!

また、合わせて川野将虎選手の父親や母親の職業など家族構成も含めてご紹介していきたいと思います。

この記事でわかること

川野将虎の家族構成(父親・母親・兄弟)

川野将虎の家族構成(父親・母親・兄弟)

川野将虎選手の家族構成は父親・母親・弟2人の5人家族です。

父親:川野公明

母親:川野由加理

弟:川野辰彰(たかあき)

弟:川野鷹綱(たかつね)

兄弟3人共名前がかっこいいですね!

川野将虎選手の名前は戦国武将が好きな父親の公明さんが名付けました。

川野将虎選手が寅年生まれなので、「虎」という漢字も入っています。

弟さん2人もおそらく戦国武将が由来なんでしょうね。

戦国武将にお詳しい方、誰が由来なのか分かったらぜひ教えて下さい^^;

次男:川野辰彰

川野将虎選手の弟で次男の辰彰さんは、兄と同じ御殿場南高校陸上部で競歩の選手として活躍していました。

現在は大学生の年齢ですが、競歩をしている情報はなく「競歩を続けるか迷っている」と語っていたようなので、現在は陸上競技を引退、競歩はしていないのかもしれません。

お兄さんに似ていますよね^_^

 

ちなみに高校時代の辰彰さんの競歩の成績が素晴らしいんです!

2016年:東部高校総体男子5000m 5位

2017年:静岡県高校新人陸上競技選手権大会5000m 4位

2018年:U20選抜競歩大会10km出場

2018年:静岡県高校総体陸上 2位

県内の大会で上位入賞している実力者であることがわかります。

 

また、辰彰さんのフォームは川野将虎選手に似ているそう。

川野将虎君に歩き方が似てる選手だと思ったら弟に違いない。

 

高校も同じですし、お兄さんの川野将虎選手を目標に頑張っていたのかもしれませんね!

 

三男:川野鷹綱

三男で川野将虎選手の弟の鷹綱さんも、兄の出身校である小山町立須走中学校で競歩をしています。

鷹綱さんは2022年の全日本競歩輪島大会3km競歩(中学)で3位と、これまた素晴らしい成績ですね!

今後の鷹綱さんの活躍も楽しみです^_^

 

兄弟3人が同じ競技をするということから3人の仲の良さが伺えるような気もしますね。

そして弟さんお二人は、兄の川野将虎選手の背中を追って頑張ってこられたのでしょう。

父親:川野公明

川野将虎選手の父親である、公明さんは陸上自衛官です。

東京オリンピック直前の取材では、年齢が49歳でしたので、2022年現在は50歳になると思われます。

よって公明さんはまだ現役の陸上自衛官となりますね。

公明さんは宮崎県日向市の出身で、入隊後に静岡県に転勤となり駿東郡に住んでいるそうです。

静岡の駐屯地は全部で4か所。

  • 陸上自衛隊 富士駐屯地
  • 陸上自衛隊 駒門駐屯地
  • 陸上自衛隊 滝ヶ原駐屯地
  • 陸上自衛隊 板妻駐屯地

この中で所在地が駿東郡小山町なのは富士駐屯地のみなので、父親の公明さんの所属は富士駐屯地の可能性が高いですね。

母親:川野由加理

母親の川野由加理さんは取材時に48歳っだので現在は49歳になると思われます。

出身は静岡県都農町出身です。

公明さんとは静岡で出会われたんでしょうか^_^

前述の取材では東京オリンピック本番を前に「私が緊張している」と語っておられます。

これは母親ならではの感情という気がしますね。

由加理さんの職業については分かっていませんが、子供3人の育児は忙しかったでしょうから、専業主婦なのかもしれませんね。

まとめ

ここまで「川野将虎は兄弟も競歩の選手!父親の職業や母親など家族構成も調査!」と題してお送りしてきました。

父親:川野公明

母親:川野由加理

弟:川野辰彰(たかあき)

弟:川野鷹綱(たかつね)

3兄弟全員が競歩で活躍していることがわかりました。

世界陸上2022で見事銀メダルを獲得した川野将虎選手。

パリ五輪での活躍も楽しみです。

そして5日弟さんの名前がテレビで見られる日も来るかもしれませんね^_^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。