MIZUNO BLOG
人物

ユンソクヨルの妻キムゴンヒの経歴詐称内容や学歴に年齢は?母親の犯罪歴も!

韓国の新大統領が保守系の最大野党である「国民の力」の尹錫悦(ユンソクヨル)さんに決まりましたね!

得票率の差も本当にわずかでしたが、大統領選の間も相手の痛いところを互いに責め合う激しい論戦を繰り広げていました。

そのような中で、尹錫悦(ユンソクヨル)大統領の妻であるキムゴンヒさんに経歴詐称疑惑が浮上。

2021年12月には国民の前で謝罪会見を開いています。

一体キムゴンヒさんの経歴詐称の内容とはどのようなものなのでしょうか?

そこで、今回は尹錫悦(ユンソクヨル)大統領の妻であるキムゴンヒさんのこれまでの年齢や経歴、学歴、経歴詐称内容などについて調べてみました。

 

この記事でわかること

キムゴンヒの経歴詐称疑惑の内容

キムゴンヒの年齢や経歴・学歴

キムゴンヒの母親の犯罪歴

それではどうぞ!

キムゴンヒの経歴詐称疑惑の内容

尹錫悦(ユンソクヨル)大統領の妻であるキムゴンヒさんの経歴詐称疑惑の内容は以下の4つです。

  1. 存在しない肩書き
  2. 偽の受賞経歴
  3. 偽の肩書き
  4. 株価操作疑惑

ちなみにこの4つの経詐称疑惑ですが、キムゴンヒさんは全てを認めているわけではないようなので、今のところ「経歴詐称疑惑」ということになります。

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

①存在しない肩書き

キムゴンヒさんは結婚前の2007年から1年間、水原女子大学の広告映像科教授として在職していました。

その教授として任用される時に提出した教授用志願書に虚偽の経歴を記載していたのです。

経歴の項目に書かれていたのがこちら。

2002年3月から3年間「韓国ゲーム産業協会」の企画チーム・企画理事を務めた

しかし、「韓国ゲーム産業協会」が設立されたのは2004年6月です。

つまり設立前に勤務していたというおかしなことになるのです。

さらに、「企画理事」という肩書きはなんと当時も今も存在しない肩書きなんだそうです^^;

また、当時の在職証明書を発行する部の部署長はこのように語っています。

「(キム氏を)私は見たことがない。社外理事か何か知らないが、内部では見たことがない」

 

どうやら同協会が設立されることをキムゴンヒさんは知っていて、自分おの経歴に利用したようです。

②偽の受賞経歴

キムゴンヒさんは①の志願書に偽の受賞歴も記載していました。

それがこちらです。

①2004年8月にソウル国際アニメーションフェスティバルで大賞受賞

②2004年に韓国アニメーション大賞特別賞受賞

①については、主催者側によると、そもそもキムゴンヒさんの名前で応募された出品作品自体がなかったということが明らかになりました。

②については、これは個人ではなく出品業者が受賞対象で、出品業者が制作を終えた後に、キムゴンヒさんが会社の取締役となったので、キムさんは出品作品とは関係がないそうです。

堂々と経歴を偽るのにも驚きですし、いちいち調べたりしないのでしょうか?

なんだかすぐにバレてしまいそうな感じがしますよね。

③偽の肩書き

キムゴンヒさんは2014年1学期の教員任用志願書にも偽の肩書を記載しています。

その偽の経歴がこちらです。

ソウル大学経営学科修士取得・韓国ポリテック大学副教授

キムさんは2012年にソウル大学経営専門大学院経営学科の経営専門経修士を取得しているので前半は経歴詐称ではありません。

しかし後半の韓国ポリテック大学では副教授ではなく非常勤講師を務めていました。

非常勤講師だったのに、「副教授」という偽の肩書を記載したのですね。

「副」をつけるあたりにより狡猾さを感じます。

④株価操作疑惑

最後は株価操作疑惑についてです。

キムゴンヒさんは過去に「ドイツモーターズ」の取締役を務めていました。

当初、キムゴンヒさんはドイツモーターズの株取引口座は一つだけだと主張していましたが、実際には株価操作に動員されたキムゴンヒさんの口座が6口座あったことが発覚。

検察がドイツモーターズが株価操作をしたと特定した期間は2009年12月から2012年12月までの計3年間です。

その間キムゴンヒさんは株価操作の中心として株取引をしていたそうです。

「最近、公開された録音でも金夫人はクォン・オス会長と20年の親交があり、『事業を共にした間柄』と直接話している」と言及したコ報道官は「検察の控訴状を分析した報道によると、金夫人は株価操作に動員された口座主91人のうち、最も多くの口座を利用した人物の1人だった。買収金額では4位、売却金額では3位に入るほど中核的な役割を果たしたことも既に明らかになっている」と述べた。 続いて「株価操作に加担した程度を考えれば、今明らかになっただけでも『株価操作の中心』といっても過言ではない。株価操作は個人投資家の膏血(こうけつ)を吸い取り、株式市場の公正性と信頼性を害する重大な不法行為だ」と述べた。

引用:Yahoo!ニュース

キムゴンヒの年齢や経歴・学歴

ここまでキムゴンヒさんの経歴詐称疑惑や株価操作疑惑についてみてきましたが、キムゴンヒさんの正しい経歴についても紹介していきたいと思います。

名前:金建希(キム・ゴンヒ)

国籍:韓国

生年月日:1972年9月2日

年齢:49歳(2022年3月現在)

学歴:京畿大学絵画科

淑明女子大学教育大学院美術教育修士取得

ソウル大学経営大学院西洋画専攻

国民大学テクノデザイン専門大学院デザイン学博士

職業:「コバナコンテンツ」代表取締役・画家

キム・ゴンヒさんは2008年に「キム・ミョンシン」から改名しています。

1996年に京畿大学絵画科を卒業し、日本でも個展を開くなど画家としても活躍されています。

そのほかの学歴を見ても絵画や芸術、アートなどに関することを学ばれていることがわかりますね。

そして、2008年に国民大学テクノデザイン専門大学院デザイン学博士を修了後、「コバナコンテンツ」を設立します。

「コバナコンテンツ」は文化・芸術コンテンツを制作・投資する会社だそうでうで、有名画家の展覧会なども開催しています。

  • カルティエコレクション展
  • ゴッホ展覧会
  • ゴーギャン展覧会

 

その他にも先ほど説明したように、韓国ポリテック大学での非常勤講師や水原女子大学での教授なども務められています。

ここまでの経歴を見ると、リスクを背負ってまで経歴詐称をする必要はなさそうな感じがしますけどね^^;

キムゴンヒの母親の犯罪歴

なんとキムゴンヒさんの母親には犯罪歴があることが判明しました。

その内容がこちらです。

  1. 私文書偽造及び偽造文書の行使、不動産実名法違反の疑いで起訴
  2. 療養病院の不法開設と療養給与の不正受給の疑いで起訴

①は通帳の残高証明を偽造したという容疑がかかったようです。

キムゴンヒさんの母親であるチェさんは2013年4月〜10月にかけて。土地購入に際し、共犯者と共謀し、銀行に347億ウォンを預けたかのように残高証明を偽造した疑いで起訴。

検察側は懲役1年、共犯者には懲役6ヶ月を休憩しています。

ちなみに347億ウォンは日本円だと34億円ほどになります。

②についての詳細は調査中です。

母親のしてきたことを見てきたことで、経歴詐称をすることに対しての罪悪感などを感じることがなかったのかもしれませんね。

まとめ

ここまで「キムゴンヒの経歴詐称内容や学歴に年齢は?母親の犯罪歴もヤバい!」と題してお送りしてきました。

尹錫悦(ユンソクヨル)大統領の妻であるキムゴンヒさんの経歴詐称の内容は以下のようなものでした。

  1. 存在しない肩書き
  2. 偽の受賞経歴
  3. 偽の肩書き
  4. 株価操作疑惑

本人は一部否定をしているようなので、今後さらに追求されることも考えられますね。

また、キムゴンヒさんの母親にもお金に関する犯罪歴がありました。

5年ぶりの政権交代となる韓国の新大統領となった尹錫悦(ユンソクヨル)氏。

日本としても今後どのような政治を行なっていくのか注目ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!