MIZUNO BLOG
イベント

こと座流星群2022(広島)の見える方角にピークは?観測スポット5選も!

こと座流星群は春に観ることのできる流星群で、毎年4月に極大(ピーク)をむかえます。

そろそろいつがピークか気になっている方も多いのでは?

実はこと座流星群は流れる星の数があまり多くありません。

さらに今年は観測条件もあまり良くないです・・・^^;

そうは言っても流れ星みたいですよね!

そこで今回はこと座流星群をできるだけたくさん見ることができるよう、方角やピークの時間帯(極大)、おすすめ観測スポットなどをまとめてみました。

この記事では特に広島県で観測する場合についてまとめてあります!

 

この時期でわかること
  • こと座流星群2022の広島で観る方角
  • こと座流星群2022の広島のピークの時間帯(極大)
  • こと座流星群2022の広島のおすすめ観測スポット5選
  • こと座流星群2022の広島のおすすめ観測グッズ

それではどうぞ!

こと座流星群2022の広島で観る方角

こと座流星群2022を広島で観るおすすめの方角は月明かりを避けた北から西側になります。

そもそもこと座流星群は放射点を中心に空全体に流れるので全方位で観測が可能です。

つまり、方角を定めるよりはとにかく「空全体を見る」ことが重要になります。

 

ただし、2022年のこと座流星群は月明かりに邪魔される残念な観測条件がネック。

そのため、できるだけ月明かりに影響されない方角を観ることが重要になってきます。

北から西側というのを忘れてしまっても、とりあえず月が出ている方角以外の空全体を観測すれば大丈夫ですよ^_^

月が出ている方角以外(北から西側)の空全体を観測する

 

暗い場所で空全体を見る

こと座流星群2022を観測するに当たってもう一つ大事なことは「暗い場所」で観測することです。

これも天体観測にはとても重要なポイントです!

月明かりだけではなく、できるだけ街明かりなどの人口の光も届かない場所で観測することがおすすめですよ!

できる限り暗い場所で観測する

 

光害マップを活用する

なお、人工の光が届かない場所を探すには「光害マップ(Light pollution map)」をチェックするのがおすすめです。

左上の検索ボックスに「hiroshima」などの地名を入れると、目的の場所を発見することができます。

詳しい見方はこちらからどうぞ

 

できるだけ赤・黄色・オレンジになっていない暗い場所で観測するといいですよ!

都会に住んでいて暗いところをがなさそうだと思っている方も、思いがけず近場の公園などが見つかるかもしれませんよ^_^

 

こと座流星群2022の北海道のピークの時間帯(極大)

こと座流星群2022の広島でのピークの時間帯(極大)は4月23日の4時頃です!

ただしその時間帯は広島では月が昇ってきている時間帯なので、天体観測にはあまり適さない条件です。

ぜひとも月の方角を背にして観測してくださいね^_^

 

なお、国立天文台によると、こと座流星群の放射点は4月22日の午後9時頃から空に昇り始めるので、その時間帯から流星群が見える可能性があります。

とはいってもピークの前に流れる流星は1時間に5個程度だそう。

こと座流星群のピークである午前4時頃には1時間に15個ほどの流星が流れるとのことです。

こと座流星群はピークをすぎると極端に流星の数が減るそうなので、4月23日の午前4時くらいまでが見頃になりそうですね。

ピーク(極大):4月23日午前4時頃

 

2022年は惑星も見ることができる

2022年のこと座流星群の観測時には明け方の空に土星・火星・金星・木星が並ぶ姿が見えるそうです!

流星群の観測条件はいまいちで残念ですが、惑星が並ぶ姿なんてとてもすてきですよね!

ぜひこちらにも注目してみてくださいね^_^

 

目が屋外の暗さに慣れるまでの時間も考慮する

目が屋外の暗さに慣れるまで時間がかかりますよね。

田舎の方に住んでいる方だと、家からすぐの場所でも観測できると思います。

目が暗さに慣れる時間も考慮して最低でも15分ほどは観測を続けてみてください!

最初は見えにくくても、だんだんだときれいな星空がはっきりと見えてくるとはず^_^

こと座流星群2022の広島のおすすめ観測スポット5選

流星群を観測する時は、街明かりなどの人口の明かりが少なく、空全体を見渡すことができる開けた場所がおすすめです。

そこで、広島での穴場のおすすめ観測スポット5選をご紹介していきたいと思います。

遠くに行けない場合もあると思いますので、参考程度に見てみてくださいね。

  1. 道の駅豊平どんぐり村
  2. べにまんさくの湯
  3. もみのき森林公園
  4. 星降る展望台
  5. 深原地区公園

 

道の駅豊平どんぐり村

まずは道の駅豊平どんぐり村です。

こちらは駐車場が300台ほどあり、快適な車内泊ができる場所としても人気です。

道の駅なので街灯などの光が気になると思いますが、22時30分頃からは消灯され真っ暗になります。

車内なら寒さも気にすることなく流星群を楽しむことができますね^_^

べにまんさくの湯

二つ目はべにまんさくの湯です。

「べにまんさくの湯」は宮島から最も近い温泉施設で、露天風呂からは海を一望することができます。

大きな展望テラスからは宮島をみることもできますよ。

展望テラスでこと座流星群を観察した後に、温泉でゆっくりあたたまるなんて最高ですよね!

【べにまんさくの湯】

営業時間:10時~23時

利用料金:平日700円

べにまんさくの湯のの詳細はこちら

 

もみのき森林公園

三つ目は、広島県廿日市市にあるもみのき森林公園です。

標高750mから1000mに位置しているため、街明かりなどの影響が少ないです。

広島駅からも車で1時間半ほどの場所にあります。

開けた空でこと座流星群の観測にはもってこいの場所ですね。

星降る展望台

四つ目は呉市にある星降る展望台です。

星降る展望台は野呂山ビジターセンターから徒歩5分の距離にあり、無料駐車場が利用できます。

その名の通り、星が降るように観察できることで有名なスポットです。

深原地区公園

最後は安芸郡熊野町にある深原地区公園」です。

広島市中心から比較的近く、アクセスがいいので平日でも行きやすい場所です。

街が近くにあることから街明かりの影響が多少あるかもしれませんが、広い公園で空が開けた感じになっているので、十分流星群観測を楽しむことができると思います。

地域健康センター側の駐車場は18時に施錠されるのでグラウンド側の駐車場を使ってくださいね。

こと座流星群2022(広島)のおすすめ観測グッズ

4月でも夜中となれば気温は低くなります。

防寒対策をして快適に観測を楽しめるように事前準備をしっかりしましょう!

おすすめの観測グッズがこちらです。

  • 防寒着
  • 厚手のレジャーシートやアルミシート・簡易ベッド・椅子・寝袋など
  • ブランケットや毛布
  • 使い捨てカイロ
  • 水筒(温かい飲み物)

ちなみに流星群のように動く星を見る時は双眼鏡などを使わずに裸眼で見るのがおすすめです。

また、寝転がって観ると首が疲れないですし、空全体を見渡すことが出来ますよ^_^

寝袋や簡易ベッドなどをお持ちの方はぜひお試しを。

まとめ

ここまで広島での2022年のこと座流星群の観測についてまとめました。

  • ピーク:4月23日(土)午前4時頃
  • 今年の観測条件はいまいち
  • 1時間あたり15個くらいの流れ星が見えるかも
  • 月を背にして空全体を見る
  • 空全体が見える開けた空間で、人口の明かりが届かない場所がおすすめ
  • 裸眼で見る
  • 防寒対策をして快適に過ごす

4月と言っても広島の夜は気温も低いので、風邪をひかないようしっかり防寒対策をして、こと座流星群の観測を楽しんでくださいね。

それでは、最後までお読みただきありがとうございました!