MIZUNO BLOG
トレンド

【物議】神戸市役所が韓国籍限定でデジタル専門官を募集!市議が調査へ

12月7日にツイートされた内容が物議を醸しています。

そのツイートの内容やSNSでの反応をまとめました。

それではどうぞ!

【物議】神戸市役所が韓国籍限定でデジタル専門官を2名募集

そのツイートでは『神戸市役所の求人で韓国籍限定で「デジタル専門官」という職種を募集しているけどいいの?』という内容です。

そこでその疑惑の神戸市役所の募集要項を調べてみました。

それが以下の内容です。

神戸市役所 デジタル専門官(プロジェクトマネージャー) 募集   ※終了しました
■会社情報
会社名 : 神戸市役所
代表 : 久元 喜造
業種 : 地方自治体
所在地 : 〒650- 8570 神戸市中央区加納町6-5-1

■募集要項
募集ポジション : デジタル専門官(プロジェクトマネージャー) ※任期付職員(1年度ごとに更新され勤務実績等により任期は最大5年まで)
採用人数 : 2名
国籍 : 韓国
学歴 : 大学卒
経歴 : 経歴1年~20年
必要資格・希望事項 : 【必須】
・プロジェクトマネジメントの経験や新規プロジェクト立ち上げ経験
【歓迎】
・IT関連業務において、ガバナンスを発揮する部門での業務経験
・プロジェクトチームをまとめ上げる強いリーダーシップ
・CEFR(ヨーロッパ共通参照枠)のB2程度の英会話力
【求める人物像】
・神戸市の理念・ミッション、基本的考え方へ強い

勤務地 : 神戸市役所1号館(神戸市中央区加納町6-5-1)
給与 : 基本給 約35万円  / 年収 (※1)650万円~700万円 (※1)
・初任給は,最終学歴・経歴(職務内容・期間)に応じて,一定の基準により決定します。上記の月給・年収目安は、大学卒、民間企業に正規職員として18年勤務、採用時年齢40歳とした場合の想定モデル(2020年4月現在給料表による算定)の例です。
・年収には,給料,地域手当,扶養手当(子ども一人の場合),期末・勤勉手当(年間4.45月分/2020年度実績)を含んでいます。ただし,初年度の期末・勤勉手当は満額の支給とはなりません。
昇給: 年 1回
賞与: 年 2回
退職金:有

募集はすでに終了しているようですが、すでに採用は決定したのでしょうか。

【物議】神戸市役所の求人の問題点

  • 韓国籍限定の求人である
  • 職種はデジタル専門官で韓国籍の必要はない
  • デジタル専門官は個人情報の運用ルールを決めるリーダー

この募集要項は気になる点がいくつかありますよね。

国籍限定の求人はダメなはずですし、個人情報漏洩の問題が散見される中これはちょっと怖いですね。

【物議】神戸市議が至急調査

このツイートに対して神戸市議の上畠寛弘議員が「至急調査します」と答えています。

なぜこのような募集になったのか詳しい説明が欲しいですね。

上畠寛弘議員、よろしくお願いします!

【物議】神戸市役所が出した求人ではない?

SNSを調べていたところこんなツイートを発見しました。

神戸市役所が出した募集要項では「国籍要件なし」だったのこと。

うーん。

一体どうなんでしょう。

もう少し証拠となるものとか欲しいですよね。

まとめ

神戸市役所での韓国籍限定での「デジタル専門官」の募集に関することをまとめました。

真相が究明されますように!

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!