MIZUNO BLOG
ジャニーズ

SnowManライブツアー2022倍率が記念日でヤバい!狙い目はいつ?

SnowManのライブツアー2022が発表されましたね!

10月1日の大阪城ホールを皮切りに、全国8会場で35公演が行われる予定です。

 

今回はツアーと同時に、新アルバム「Snow Labo. S2」の発売も発表。

ファンにとって楽しみな予定が一気に増えましたね。

 

デビュー発表から3年が経ち、シングルの売り上げが6作連続で50万枚を超えるなど勢いを増し続けるSnowMan。

ファンクラブの会員数もどんどん増加していて、チケットの当選倍率が気になるところです。

 

さらにライブツアー2022には、高倍率となりそうな記念日公演もありそうなんです。

そうなると、当選倍率が低くなる狙い目の公演日も知りたいですね。

 

そこで今回はこちらについて調べてみました。

SnowManライブツアー2022の当選倍率は?

当サイトでは、SnowManライブツアー2022の当選倍率を3.7倍~14.7倍と予想しました!

当選倍率は、以下の計算式をもとに算出しています。

当選倍率=チケットの申込枚数÷会場の収容人数

それぞれに当てはまる数字をどう予想したのか、以下で詳しく説明していきますね。

収容人数(キャパシティ)

SnowManライブツアー2022全体での収容人数は、各会場の収容人数と公演数から42万4000人と予想しました。

今回のライブツアーで使用される会場の収容人数と公演数をまとめると、以下のようになります。

会場 収容人数 公演数 合計の収容人数
大阪城ホール 1万6000人 4 6万4000人
横浜アリーナ 1万7000人 6 10万2000人
朱鷺メッセ 1万人 4 4万人
真駒内セキスイハイム
アイスアリーナ
1万人 5 5万人
マリンメッセ福岡 1万5000人 4 6万人
エコパアリーナ 1万人 5 5万人
セキスイハイム
スーパーアリーナ
7000人 4 2万8000人
ガイシホール 1万人 3 3万人

 

各会場の収容人数を合計すると、今回のライブツアーでは42万4000人の動員があることが分かります。

申込枚数

申込枚数に関しては、SnowManのファンクラブ会員数をもとに予想しました。

SNSなどの情報を参考にすると、現在のSnowManファンクラブの会員数は78万人です。

ライブツアー発表後には会員数が急増する傾向にあるので、申込期間中に80万人を突破するかもしれませんね。

 

また、今回のライブツアーは1人2枚までの申込が可能。

複数公演の申込みもできるようになっているので、高倍率を予想しているファンの中には3~4公演ほど申込む人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、1人が1公演2枚~4公演2枚ずつを申込んだ場合を考えて、合計の申込枚数を予想しました。

1人が1公演2枚を申込んだ場合:78万人×2枚=156万枚
1人が4公演2枚を申込んだ場合:78万人×4公演×2枚=624万枚

以上の計算から、SnowManライブツアー2022の申込枚数は156万~624万枚ほどになると予想できます。

当選倍率

このそれぞれの数字を、先ほどの計算式にあてはめると…

1人が1公演2枚を申込んだ場合:156万枚÷42万4000人=約3.7倍
1人が4公演2枚を申込んだ場合:624万枚÷42万4000人=約14.7倍

となり、今回のライブツアーの倍率は3.7~14.7倍になると予想できます。

SnowManライブツアー2022は記念日の公演も!当選倍率がヤバい?

SnowManライブツアー2022には、特に当選倍率が高くなりそうな公演日が2つあります。

  • 11月5日(土)【北海道】真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
    →渡辺翔太さんの誕生日公演
  • 11月27日(日)【福岡】マリンメッセ福岡A館
    →阿部亮平さんの誕生日公演

それぞれメンバーの誕生日が週末の公演に重なっています。

ファンであれば誰しも、会場で誕生日を祝いたい!と思いますよね。

そのため、この2公演には申込が集中することが予想されます。

 

ファンクラブ会員の5割ほどの人(39万人)が当日の各公演に2枚ずつ申込んだとして、当選倍率をそれぞれ予想してみましょう。

11月5日(土)渡辺翔太さんの誕生日公演

11月5日の会場である真駒内セキスイハイムアイスアリーナの収容人数は1万人です。

当日は昼夜2公演があるため、合計で2万人の収容人数となります。

 

申込枚数は、ファンクラブ会員の5割(39万人)が2公演それぞれ、2枚ずつ申込むと考えると…

39万人×2公演×2枚=156万枚

となります。

 

これを先ほどの計算式に当てはめると、

156万枚÷2万人=78倍

78倍というかなり高い当選倍率が出ました!

11月27日(日)阿部亮平さんの誕生日公演

11月27日の会場であるマリンメッセ福岡の収容人数は1万5000人です。

こちらも昼夜2公演があるため、合計の収容人数は3万人。

 

公演数が同じなので、申込枚数は真駒内セキスイハイムアイスアリーナと同じ計算方法で、156万枚と予想します。

この数字も同様に計算式に当てはめると、

156万枚÷3万人=52倍

収容人数が少し多いとはいえ、こちらも53倍とかなりの高倍率です!

 

各公演、あくまで予想ではありますが競争率はかなり高くなりそうですね。

SnowManライブツアー2022狙い目はいつ?

SnowManライブツアー2022の、当選しやすい狙い目の公演日は以下の3つです。

  1. 10月7日(金)13:30公演【神奈川】横浜アリーナ
  2. 12月8日(木)13:30公演【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ
  3. 12月9日(金)13:30公演【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ

当選確率を上げるためには、なるべく申込枚数が少なくなる公演=多くの人が参加しづらい公演を選ぶことがポイントです。

 

申込む人の中には、学生や社会人、主婦などさまざまな年代・職業の人がいますが、

  1. 学校や会社がある平日
  2. 平日の中でも、学校や仕事・用事終わりに間に合わない昼公演
  3. 交通費がかさむ地方公演

は比較的どの人も参加しづらい公演であると言えます。

今回のライブツアー日程の中で、上の条件に当てはまる公演とそれぞれの収容人数、記念日公演の前後かどうかをまとめると…

  • 10月7日(金)13:30公演【神奈川】横浜アリーナ(条件➀②)
    収容人数:1万7000人
  • 11月4日(金)13:30公演【北海道】真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(条件➀②③)
    収容人数:1万人
    ※渡辺翔太さんの誕生日公演前日
    ※前日の木曜日が祝日なので、社会人は有休を取って連休にしやすいかも
  • 12月8日(木)13:30公演【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ(条件➀②③)
    収容人数:7000人
  • 12月9日(金)13:30公演【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ(条件➀②③)
    収容人数:7000人
  • 12月22日(木)13:30公演【愛知】ガイシホール(条件➀②③)
    収容人数:1万人
    ※ツアー最終日
    ※場所によっては冬休みに入っているところも?

このようになります。

 

ここからさらに、申込人数が増えそうな理由(※マークのもの)がある公演を除外すると、はじめに挙げた3つがおすすめの公演となります。

まとめ

今回は「SnowManライブツアー2022倍率が記念日でヤバい!狙い目はいつ?」と題して、SnowManライブツアー2022の当選倍率予想を中心にまとめました。

  • SnowManライブツアー2022の当選倍率は3.7倍~14.7倍
  • 11月5日と11月27日はメンバーの誕生日公演!かなり高倍率になる可能性が
  • SnowManライブツアー2022のの狙い目公演は10月7日、12月8日、12月9日の昼公演

この記事が、希望公演当選の参考になると嬉しいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!