MIZUNO BLOG
スポーツ

平良宗龍の出身中学や小学校(ミニバス)は?高校卒業後の進路はNBA?

バスケットボールの全国高校選手権で、開志国際高校(新潟)が88−71で福岡第一高校(福岡)を破り、初優勝を果たしました。

この試合で大活躍だったのが開志国際高校の1年生のSG平良宗龍(たいら しゅうたつ)選手です!

なかなか読み方が難しい名前ですよね。

 

 

そこでこの記事では平良宗龍選手の出身中学や小学校やミニバス時代について調査してみました。

さらに平良宗龍選手の高校卒業後の進路としてNBAは見据えているのかなども調べてみましたよ!

  • 平良宗龍の出身中学や小学校(ミニバス)
  • 平良宗龍の高校卒業後の進路はNBA?

平良宗龍の出身中学や小学校(ミニバス)

平良宗龍選手の出身中学や小学校やミニバスチームは以下の通りです。

出身小学校:那覇市立さつき小学校(キングスアカデミー奥武山スクール)

出身中学校:那覇市立金城中学校(琉球ゴールデンキングス U15、U18)

高校:開志国際高校

平良宗龍選手は小学6年時にはすでに身長が172センチもあり、高さのあるガードとしての評価が非常に高く、県外の中高校からも勧誘の声が掛かっていたとのこと。

小学6年になってからは無敗で、2018年末には日本バスケット連盟による12歳以下の日韓交流試合(韓国)のメンバーにも選出されました。

さらに初の「飛び級」での練習生としてキングスU15で全国の頂点に立った先輩とともに練習に励みました。

 

その後平良宗龍選手は沖縄出身で中学校までは沖縄で過ごし、バスケの技術を磨いてきました。

琉球ゴールデンキングスU15在籍時には「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP 2021」で大会MIP賞を受賞しています。

中学3年時には、高いポテンシャルを評価されキングスU18に所属し活動していたそうです。

 

 

高校はバスケの強豪、新潟の開志国際高校に進学したので、現在は寮生活をしていると考えられます。

平良宗龍の高校卒業後の進路はNBA?

平良宗龍選手は高校卒業後の進路として、もちろんNBA選手を目標にしています。

NBA選手という将来の目標に向けバスケットボールと日々真剣に向き合う平良選手へ、今後も温かい応援をよろしくお願いいたします。

引用:RYUKYU GOLDEN KINGS

また、平良宗龍選手はかつてはトップレベルの選手を輩出する米国の全寮制スポーツスクール「IMGアカデミー」(高校)進学を目指していたそうです。

さらに、米国の大学バスケ界の頂点を争う全米体育協会(NCAA)男子トーナメントでのプレーも目標としていると取材に答えていました。

 

このことから、高校卒業後は米国でさらにバスケの実力を磨いていくことが予想されますね。

まだ高校1年生ですが、 全国大会決勝で3Pシュートを4連発を含む14得点と大活躍した平良宗龍選手。

まさに期待の新星ですね!

まとめ

ここまで「平良宗龍の出身中学や小学校(ミニバス)は?高校卒業後の進路はNBA?」と題してお送りしてきました。

出身小学校:さつき小学校(キングスアカデミー奥武山スクール)

出身中学校:那覇市立金城中学校(琉球ゴールデンキングス U15、U18)

高校:開志国際高校

進路:目標はNBA選手

これからが楽しみで仕方ない平良宗龍選手。

ぜひ今から注目しておいてくださいね^_^

error: Content is protected !!