MIZUNO BLOG
スポーツ

上加世田頼希の兄弟や出身中学に読み方は?帽子が小さくて落ちそう!

2022年夏の甲子園で熱戦を繰り広げている福井の敦賀気比高校。

敦賀気比といえば甲子園常連の強豪校ですが、その強豪で4番エースで主将を務めているのが上加世田頼希(うえかせだ らいき)選手です。

名前も名字も珍しいですよね!

今回は敦賀気比の大黒柱、上加世田頼希選手の兄弟・両親や出身中学などを調査しました。

また、珍しい名字やSNSで話題になっている上加世田頼希選手の帽子についてもまとめましたよ!

 

この記事でわかること
  • 上加世田頼希のプロフィールや読み方
  • 上加世田頼希の兄弟
  • 上加世田頼希の出身中学
  • 上加世田頼希帽子が小さくて落ちそう!

 

▼注目選手に監督・審判・チアも!

高校野球2022【春夏甲子園】まとめ2022年春・夏の甲子に出場した注目選手や話題についてまとめています。 ドラフト注目の選手もいるので、ぜひご覧ください^_^ ...

上加世田頼希のプロフィールや読み方

まずは上加世田頼希選手のプロフィールや珍しい名字についてご紹介します。

■名前:上加世田頼希

■読み方:うえかせだ らいき

■生年月日:2004年6月28日

■出身:大阪府

■身長:177㎝

■体重:79㎏

■ポジション:投手

■投打:右/右

上加世田頼希の名字の読み方

上加世田という名字は、全国に400人ほどしかいない珍しい名字の一つです。

起源や由来は鹿児島県で、鹿児島県には全国の半数近い上加世田さんがいらっしゃるそうです。

読み方は「うえかせだ」の他に「かみかせだ」とも読みます。

 

下記の表によると、上位5位の都道府県に大阪府が入っています。

上加世田頼希選手が鹿児島県出身と思う方もいるようですが、下記の表からも大阪にわずかながら「上加世田」姓の方がいることがわかりますね。

都道府県 推定人口
鹿児島県 170人
宮崎県 10人
富山県 10人
大阪府 80人
奈良県 10人

もともとは鹿児島県の薩摩国川辺郡加世田が起源と言われており、その地域の上側に住んでいた方に「上加世田」の名字がついたそうですよ^_^

ちなみに加世田市は2005年に市町村合併で南さつま市になっています。

上加世田頼希の兄弟

上加世田頼希選手には3歳年下の弟がいて、2人兄弟のようです。

弟:上加世田流己(うえかせだ りゅうき)

上加世田頼希選手の弟は、現在中学校の門真ビックドリームスに所属しています。

弟の流己さんはピッチャーとサードを守っているとのこと。

兄が頼希(らいき)で弟が流己(りゅうき)なんて素敵な名前ですよね!

二人の名前の由来も知りたいところですが、現在調査中です!

上加世田頼希の出身中学

上加世田頼希選手の出身中学や小学校、出身チームは以下の通りです。

  • 出身小学校/出身チーム:大阪府大東市立北条小学校/ジュニアライガース
  • 小学6年時:オリックスバッファローズジュニアチームに合格
  • 出身中学:/出身チーム:大阪府大東市立北条中学校/門真ビックドリームス(軟式)

上加世田頼希の小学生時代

上加世田頼希選手は3歳から野球を始め、大阪府大東市立北条小学校のジュニアライガースに入ります。

小学6年時には、オリックスバッファローズジュニアチームに合格!

4番のピッチャーとして活躍します。

小学生の頃から実力のある選手だったことがわかりますね!

上加世田頼希の中学生時代

上加世田頼希選手の出身中学は大阪府大東市立北条中学校です。

北条中学校の軟式野球部には入らず、軟式クラブチームの門真ビックドリームスに所属します。

上加世田頼希選手は中学時代も大活躍を見せます。

中学3年時全国ベスト4(4番ピッチャー)

U15日本代表選出(4番ピッチャー)

投打ともに全国レベルの実力があったんですね。

このような活躍から全国の強豪校から複数のスカウトを受け、上加世田頼希選手は福井県の敦賀気比高校を選択。

2022年夏の甲子園でもバッテリーを組んでいる渡辺優斗選手とはこの頃からのチームメイトなんですよ。

渡辺優斗:門真ビックドリームス・U15・敦賀気比でバッテリーを組む

まさに阿吽の呼吸といったところでしょう!

 

ちなみに、上加世田頼希選手は門真ビックドリームス所属時、「炎の体育会TV」に天才キッズとして出演した経歴も持っています!

天才キッズとして出演した人の中には、上加世田頼希選手と同じように後に大活躍を見せる人も多いですよね。

上加世田頼希帽子が小さくて落ちそう!

上加世田頼希選手と検索すると「帽子」「小さい」というワードが出てきます。

どうやら上加世田頼希選手の帽子が少し頭のサイズと合っていないように見えるようです。

そのため、投球した時に帽子が落ちそうとSNSなどで話題になっているんです。

たしかにこれは落ちそうです!

実はこの少し浮いた感じ、中にこのようなものが入っていたんです!

ちょっと感動してしまいますね。

小さい頃から組んできた2人の絆を感じます。

 

\「挫折に遭遇した球児」「折り合いをつけざるを得なかった球児」の話が胸に迫る(;_;)/

 

▼注目選手に監督・審判・チアも!

高校野球2022【春夏甲子園】まとめ2022年春・夏の甲子に出場した注目選手や話題についてまとめています。 ドラフト注目の選手もいるので、ぜひご覧ください^_^ ...

まとめ

ここまで「上加世田頼希の兄弟や出身中学に読み方は?帽子が小さくて落ちそう!」と題してお送りしてきました。

兄弟:上加世田流己(うえかせだ りゅうき)

出身中学:大阪府大東市立北条中学校

読み方:うえかせだ らいき

帽子の中には捕手渡辺優斗との絆が隠されていた

上加世田頼希選手の夏の甲子園2022の投打での活躍に期待です!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!