MIZUNO BLOG
イベント

Vaundyライブ2023の当選倍率がヤバい!狙い目の日程はここ!

2023年1月24日~3月26日にVaundy(ヴァウンディ)のライブ「Vaundy one man live tour 2023 Spring」の開催が決定しました。

Vaundy(ヴァウンディ)さんは、2019年にデビューし、現在(2022年5月)は21歳のシンガーソングライターです。

ストリーミングでは累計1億回再生を突破し、ドラマの主題歌にも起用されるなど、瞬く間に人気を集めているアーティストです。

そんなVaundyさんのライブですが、人気なのでチケットの当選倍率がヤバいとの声も^^;

この記事では、ライブの当選倍率や狙い目の日程などを調べました!

この記事で分かること
  • Vaundyライブ2023の当選倍率
  • Vaundyライブ2023の狙い目の日程

▼チケットの申込方法はこちらからどうぞ▼

Vaundyライブ2023のチケット申し込み方法!一般販売や当日券も!

Vaundyライブ2023の当選倍率

「Vaundy one man live tour 2023 Spring」の当選倍率を当サイトでは以下のように算出しました。

チケット当選倍率

通常開催(動員数100%)の場合:6.1~27倍

制限開催(動員数50%)の場合:12.3~55.1倍

当選倍率は下記のような計算方法で算出しています。

 

当選倍率=チケット総応募数÷総収容人数

それでは根拠となる、チケットの総応募数と総収容人数の計算方法を詳しく見ていきましょう!

チケット総応募数の予測枚数

「Vaundy one man live tour 2023 Spring」では、1公演につき2枚までの申し込みができます。

Vaundyさんは、ファンクラブ等がないため、ツイッターのフォロワー数から人数を考えます。

  • 2022年5月時点でのツイッターのフォロワー数、31万8300人
  • フォロワーの6~9割が1人あたり1~2枚申し込む
申し込み割合 1枚 2枚
フォロワーの6割 190,980 381,960
フォロワーの7割 222,810 445,620
フォロワーの8割 254,640 509,280
フォロワーの9割 286,470 572,940

ということで、1公演あたり、190,980~572,940枚の応募が予想されます。

さらに、1人あたり平均2~3公演の申し込みをすると想定すると、総チケット応募枚数は381,960~1,718,820枚になります。

1公演のチケット応募数190,980×平均応募公演数2=381,960枚

1公演のチケット応募数572,940×平均応募公演数3=1,718,820枚

公演ごとに応募ができるので、1人がどれだけの公演に応募するかで倍率は大きく変わってきます。

総収容人数

それぞれの会場の収容人数を見ていきます。

コロナの蔓延防止等重点措置が適用された場合、収容人数が50%での開催になる恐れもあるのでそれを含めて計算しています。

会場 公演数 収容人数 動員数(100%) 動員数(50%)
北海道:カナモトホール(札幌市民ホール) 2 1,500 3,000 1,500
岩手県:岩手県民会館 大ホール 1 1,991 1,991 995
宮城県:仙台サンプラザホール 1 2,372 2,372 1,186
東京都:J:COMホール八王子(八王子市民会館) 1 2,021 2,021 1,010
東京都:NHKホール 2 3,800 7,600 3,800
東京都:ガーデンシアター 2 8,000 16,000 8,000
新潟県:新潟県民会館 1 1,730 1,730 865
石川県:本多の森ホール 1 1,707 1,707 853
愛知県:名古屋国際会議場センチュリーホール 2 3,000 6,000 3,000
大阪府:フェスティバルホール 2 2,700 5,400 2,700
兵庫県:神戸国際会館こくさいホール 1 2,112 2,112 1,056
広島県:広島文化学園HBGホール 1 2,000 2,000 1,000
愛媛県:松山市民会館 大ホール 1 1,999 1,999 999
福岡県:福岡サンパレス 2 2,300 4,600 2,300
熊本県:熊本城ホール メインホール 1 2,300 2,300 1,150
鹿児島県:鹿児島 宝山ホール 1 1,502 1,502 751
合計 22 62,334 31,165

上の表より

通常時(動員数100%)の場合だと62,334人

制限時(動員数50%)の場合だと31,165人

となりました。

これで、チケット総応募数と総収容人数がわかったので計算すると、当選倍率は6.1~27倍になります!

チケット総応募数枚381,960~÷総収容人数62,334人=6.1倍

チケット総応募数1,718,820÷62,334人=27倍

ですが、収容人数に制限がかかり50%の開催となると、12.3~55.1倍に跳ね上がります。

あくまで、仮定の数字ですが倍率はかなり高いようです^^;

Vaundyライブ2023の狙い目の日程

「Vaundy one man live tour 2023 Spring」の狙い目の日程は下記の5つです。

狙い目の日程

2023年1月20日(金) 宮城県:仙台サンプラザホール

2023年2月10日(金) 福岡県:福岡サンパレス

2023年2月24日(金) 大阪府:フェスティバルホール

2023年3月25日(土)、26日(日) 東京都:ガーデンシアター

応募が増えたり、倍率が高くなる条件は下記の通りです。

  • 土日、祝日などの休日
  • 収容人数の少なさ
  • 同じ都道府県での開催回数の少なさ

これらの条件を除いた日が狙い目の日程になります。

東京都内では3カ所で開催され、東京都のガーデンシアターは収容人数も多いため、倍率が低くなると考えました。

ここで、「Vaundy one man live tour 2023 Spring」の日程一覧を載せるので、参考にしてください。

日付 開演時間 都道府県 会場
1月14日(土) 17:00 東京都 J:COMホール八王子(八王子市民会館)
1月20日(金) 19:00 宮城県 仙台サンプラザホール
1月21日(土) 18:00 岩手県 岩手県民会館 大ホール
1月28日(土) 18:00 東京都 NHKホール
1月29日(日) 17:00 東京都 NHKホール
2月4日(土) 18:00 熊本県 熊本城ホール メインホール
2月5日(日) 18:00 鹿児島県 鹿児島 宝山ホール
2月10日(金) 19:00 福岡県 福岡サンパレス
2月11日(土) 17:00 福岡県 福岡サンパレス
2月18日(土) 18:00 愛知県 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2月19日(日) 17:00 愛知県 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2月24日(金) 19:00 大阪府 フェスティバルホール
2月25日(土) 17:00 大阪府 フェスティバルホール
3月4日(土) 18:00 北海道 カナモトホール(札幌市民会館)
3月5日(日) 17:00 北海道 カナモトホール(札幌市民会館)
3月11日(土) 18:00 新潟県 新潟県民会館
3月12日(日) 18:00 石川県 本多の森ホール
3月18日(土) 18:00 広島県 広島文化学園HBGホール
3月19日(日) 18:00 兵庫県 神戸国際会館こくさいホール
3月21日(火) 18:00 愛媛県 松山市民会館ホール
3月25日(土) 18:00 東京都 ガーデンシアター
3月26日(日) 17:00 東京都 ガーデンシアター

これが全22公演の日程になります。

同じ場所での開催でも日によって、開演時間が違ったりするので注意が必要ですね!

 

▼チケットの申込方法はこちらからどうぞ▼

Vaundyライブ2023のチケット申し込み方法!一般販売や当日券も!

まとめ

「Vaundyライブ2023の当選倍率がヤバい!狙い目の日程はここ!」と題してお送りしました。

当選倍率

  • 通常開催(動員数100%)の場合:6.1~27倍
  • 制限開催(動員数50%)の場合:12.3~55.1倍

狙い目の日程

  • 2023年1月20日(金) 宮城県:仙台サンプラザホール
  • 2023年2月10日(金) 福岡県:福岡サンパレス
  • 2023年3月25日(土)、26日(日) 東京都:ガーデンシアター

「Vaundy one man live tour 2023 Spring」では、会場によって収容人数が大きく違うので場所によって倍率が変化することも^^;

また、1公演につき2枚までの申し込みなので何公演か応募すると格段に当選確率はよくなると思います!

勢いがある人気アーティスト、Vaundyさんのライブにはぜひ、参加したいですよね^^

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございます。