MIZUNO BLOG
人物

山本コウタローは事実婚で妻や子供は?現在の仕事や馴れ初めも!

シンガー・ソングライターの山本コウタローさんが脳内出血でお亡くなりになりました。

享年73歳でした。

山本さんは一橋大学在学中からフォーク・グループ「ソルティー・シュガー」のメンバーとして活動します。

1970年には自身の名前が入った「走れコウタロー」が大ヒット。

日本レコード大賞・新人賞を受賞されています。

さらに1974年には「山本コウタローとウイークエンド」として「岬めぐり」がヒットします。

そんなフォークソング歌手として有名な山本コウタローさんは妻がいるのですが、事実婚という形を取っています。

今回は、その事実婚のお相手は誰なのかや、子供はいるのか、馴れ初めなどについてまとめました。

また、山本コウタローさんは歌手以外にも様々な活動をされていたので、現在の仕事についても調査しました。

この記事でわかること
  • 山本コウタローは事実婚
  • 山本コウタローの妻や子供の顔画像
  • 山本コウタローと妻の馴れ初め
  • 山本コウタロー現在の仕事

山本コウタローは事実婚で妻や子供の顔画像は?

山本コウタローさんには妻がいらっしゃいますが、事実婚という形を取っておられます。

山本コウタローさんの妻は、 映画評論家でDJの吉田真由美さんです。

二人の間に子供がいるかどうかはわかりませんでした。

事実婚という形式なら子供がいない可能性もありますね。

 

なお、事実婚についてはこのように語っています。

つれあい、即ち同居人とは戸籍上の婚姻関係はありません。彼女から結婚はしないで夫婦別姓で行きましょうと言われ、今となってはそれで良かったと思っています

引用:Wikipedeia

事実婚は妻である吉田真由美さんからの提案だったんですね。

妻の吉田真由美って誰?

山本コウタローさんの妻の吉田真由美さんは映画評論家でDJをされています。

名前:吉田真由美

生年:1949年

出身:富山県

出身大学:日本大学芸術学部映画学科

1969年から映画評論業をはじめます。

1984年からは「自然食というライフスタイル」を実践し、自称「エコおばさん」とのことです。

1990年代末からは「手書き原稿を提出する唯二の映画評論家」の1人となり今日に至ります。

ちなみに、この自然食は、山本コウタローさんが病気がちだった妻・吉田真由美さんの体調を気遣って始められたそうですよ。

山本コウタローと妻の馴れ初め

山本コウタローさんと妻の吉田真由美さんの馴れ初めはラジオで同じ番組を担当していたことでした。

そのラジオ番組は、1971年~1978年までTBSラジオで放送された「パック・イン・ミュージック」とのこと。

山本コウタローさんが金曜の一部を担当、同番組の金曜の二部を1971年4月~1974年8月まで、吉田真由美さんが担当されていました。

山本コウタローさんと妻の馴れ初め:ラジオで同じ番組を担当

 

結婚式の仲人は吉田拓郎

山本コウタローさんと吉田由美子さんは事実婚ではありますが、結婚式は1975年1月に挙げています。

結婚式の仲人は吉田拓郎さん四角佳子さん夫婦が務められました。

 

結婚式は四谷 上智大学内 クートルハイム聖堂で、結婚披露宴はホテル オークラで行われたそうです。

披露宴には当時のフォーク界を代表する方々が出席されました。

  • 小室等
  • かぐや姫
  • りりィ
  • 井上陽水
  • 遠藤賢司
  • 加川良
  • 高田渡

こちらのブログから当時のお二人の画像もご覧いただけます。

 

山本コウタロー現在の仕事

山本コウタローさんは言わずとしれたフォークグループ「ウィークエンド」のシンガソングライターです。

一方で、地球環境問題に造詣が深いことから、白鷗大学教授として教鞭を執っていました。

2019年には白鴎大学を定年退職し、現在は同大学名誉教授に就任されていました。

野球もお好きだったようで、も務めていたそうです。白鷗大学では硬式野球部の部長

プロ野球では東京ヤクルトスワローズのファンで、1978年の渡米時にヤクルトがセ・リーグで首位争いをしているということで一時帰国しています。

球団創設以来初の日本一達成まで、神宮球場など各地で声援を送ったそうですよ!

 

\デビュー曲「岬めぐり」はオリコン5位の大ヒット!/

 

「走れコウタロー」のダウンロードはこちらから♪

 

まとめ

ここまで「山本コウタローは事実婚で妻や子供の顔画像は?現在の仕事や馴れ初めも!」と題してお送りしてきました。

  • 山本コウタローは事実婚
  • 妻は吉田真由美(映画評論家・DJ)
  • 馴れ初めはラジオで同じ番組を担当したこと
  • 山本コウタローの現在は白鴎大学名誉教授

この時代には珍しい事実婚という選択をされ、周りに流されず自分たちらしさを貫く姿が素敵だなと感じました。

また、世代を超えて愛されてきた名曲「走れコウタロー」の歌手でありながら、地球環境問題に造詣が深く、白鴎大教授として教べんも執られていました。

山本コウタローさんがとてもマルチな活躍をされていたことがわかりましたね。

心よりご冥福をお祈りいたします。