MIZUNO BLOG
政治経済

吉羽美華の現在の夫は誰で子供が2人?元旦那谷川とむはDV離婚を否定!

2022年8月1日、大阪府寝屋川市議の吉羽美華氏の逮捕が報じられました。

吉羽美華市議といえば、かつては「美人すぎる市議」としても取り上げられ、個人で写真集なども販売していました。

吉羽美華市議の今回の逮捕容疑は詐欺容疑で、吉羽美華市議を含む男女数人が逮捕されています。

「朝日新聞DIGITAL」によると、新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した福祉・医療関係施設向けの公的融資制度を悪用。

福祉施設側から手数料の名目で現金を詐取した容疑とのことです。

本来この制度を利用するに当たって仲介者は必要ないにも関わらず、制度の利用に仲介者が必要であると信じ込ませ、仲介手数料を詐取していたようです。

しかもその際に、「融資を受けた半額を自分たちに支払えば、返済は不要になる」と虚偽の説明をしていたんだとか。

今回は市議会議員でありながら詐欺容疑で逮捕された吉羽美華市議の夫は子供について調査しました。

また、吉羽美華市議は現在の夫とは再婚で、元旦那は自民党の衆議院議員谷川とむ氏とのこと。

そこで2人の離婚理由についても調べてみました。

この記事でわかかること
  • 吉羽美華の現在の夫や子供
  • 吉羽美華の元旦那は谷川とむでDV離婚は嘘?

吉羽美華の現在の夫や子供

吉羽美華市議の現在の夫は一般人で子供は息子が2人です。

現在の夫:一般人男性

子供:息子2人

吉羽美華の夫

一般人のため、吉羽美華市議の夫に関する名前や、顔画像、年齢などの情報は不明です。

誕生日に関しては5月1日とする情報もありますが、正確な情報かまでは辿れませんでした。

 

吉羽美華の子供

また、吉羽美華市議の子供ですが、長男は2015年1月に生まれで、次男は2019年5月1日生まれです。

次男は、5月3日に出産予定だったそうですが、2日早く生まれたとのこと。

生まれ年からすると長男は現在7歳、次男は3歳になりますね。

長男の年齢:7歳

次男の年齢:3歳

まだまだ幼いのに母親が詐欺容疑で逮捕されるとは・・・心が痛みます。

 

なお、長男の父親は元旦那である自民党衆議院の谷川とむ氏で次男の父親は吉羽美華市議が再婚した現在の夫になります。

 

吉羽美華市議の公式ブログには現在3記事投稿されており、息子さんと焼肉に行った様子なども書かれています。

吉羽美華公式ブログ

 

吉羽美華の元旦那は谷川とむでDV離婚は嘘?

最初にご紹介したように、吉羽美華市議の元旦那は自民党衆議院議員の谷川とむ氏です。

  • 谷川 とむ(たにがわ とむ)
  • 生年月日:1976年4月27日
  • 年齢:46歳
  • 出身:兵庫県尼崎市
  • 出身校:東海大学教養学部国際学科
  • 現職:衆議院議員
  • 所属政党:自由民主党(安倍派)
  • 配偶者:吉羽美華(2014 – 2016)・一般女性(2018 – 現在)

吉羽美華市議と谷川とむ氏は2014年11月から2016年9月までのおよそ1年10ヶ月間、婚姻関係にありました。

元旦那(夫)の谷川とむ氏との結婚披露宴は、岸和田グランドホームで行われ、320人を超える出席者がいたそうです。

中には谷川とむ氏の友人の宮川大輔さんも出席されました。

谷川とむ氏は議員になる前は俳優として活動されていたので、披露宴では俳優時代の苦労話なども語られたようですね。

離婚理由はDV?

2人の離婚理由ですが、吉羽美華市議側は谷川とむ氏の言葉や経済上の問題でのDVを主張していました。

一方谷川とむ氏はこれを否定。

「手を上げたこともない」「不貞行為もない」「経済的DVもない」と吉羽美華市議の発言を否定しています。

離婚の理由について、吉羽は谷川による言葉や経済上の問題でのDVを主張していたが、谷川は「彼女に手をあげたことも不貞行為も一度もない」「お金はまとめて渡していたし、クレジットカードも自由に使ってもらっていた」と吉羽の主張を否定している

引用:谷川とむWikpedeia

真実は2人にしかわからないのでしょうが、今回の詐欺内容からすると、2人の金銭感覚にずれがあったような感じはしますね。

まとめ

ここまで「吉羽美華の現在の夫は誰で子供が2人?元旦那谷川とむはDV離婚を否定!」と題してお送りしてきました。

現在の夫:一般人

子供:息子二人(7歳・3歳)

元旦那:自民党衆議院議員の谷川とむ

離婚理由:妻側は言葉や経済上の問題でのDVを主張するも夫側は完全否定

かつては美人すぎる市議として注目を集め、今回詐欺容疑でまたしても注目を集めた吉羽美華市議。

寝屋川市民としては市議会議員としての活動で注目を集めてほしかったでしょうね。

今後この詐欺報道がどのような展開を見せていくかにも注目していく必要がありそうです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。