MIZUNO BLOG
政治経済

小倉まさのぶの再婚相手や元嫁は誰で顔画像は?子供なしでも少子化担当大臣!

2022年に岸田内閣に少子化担当大臣として入閣され、注目を集めている小倉將信(おぐらまさのぶ)議員。

そんな小倉まさのぶ議員ですが、一度離婚して再婚されています。

元嫁も美人な方だったので、再婚相手も美人かどうか気になりますよね!

2度の結婚をしていますが、子供はいないのに少子化担当大臣になった理由なども気になる所です。

この記事では、小倉まさのぶ議員の再婚相手や元嫁、少子化担当大臣になった理由などを調査しました。

この記事で分かること
  • 【顔画像】小倉まさのぶの再婚相手は誰?
  • 小倉まさのぶの元嫁は誰?
  • 小倉まさのぶは子供がいないのに少子化担当大臣な理由は?

【顔画像】小倉まさのぶの再婚相手は?

小倉まさのぶ議員は2021年10月に、東証1部上場企業の「フジテック株式会社」の社長である内山高一氏の長女と再婚されています。

長女の名前は内山友里さんというそうです。

一般人のため顔画像は見つかりませんでしたが、現在の年齢は32〜33歳になります。

【小倉まさのぶ議員の再婚相手】

  • 滋賀県に本社を持つフジテックの社長令嬢
  • 現在(2022年8月)32~33歳

内山友里さんの母親が政治好きで“かねてから政治家の結婚相手を探していたそうです。

そして、2020年に知人の紹介を経て知り合い、意気投合。

2021年5月に小倉まさのぶ議員からプロポーズをして2021年10月に結婚されました。

一方で、フジテックは創業70年以上で2021年の売り上げは約1700億と黒字続きの東証1部上場企業なので政略結婚ではとの声も^^;

 

また、すでに2度目の離婚もあるのではと噂が絶えないようです。

 

正式な離婚発表はないものの、今回の結婚でも小倉まさのぶ議員とその母親の嫌がらせによって数ヶ月で結婚生活は破綻しているとも言われています。

 

初入閣ということで週刊誌などもかなり注目しているでしょうから、今後続報も出てくるかもしれませんね。

小倉まさのぶの元嫁は?

小倉まさのぶ議員の元嫁はテレビ朝日アナウンサーの島本真衣さんです。

【小倉まさのぶの元嫁】

  • テレビ朝日アナウンサーの島本真衣

2013年11月に結婚をし、約500人が出席した豪華な結婚式を挙げて、2015年4月29日に離婚を発表しています。

約1年半のスピード離婚でした。

原因は、小倉まさのぶ議員がマザコンでお母さんとの関係に耐えられなかったからとも言われています。

週刊新潮ではこのような報道もありました。

週刊新潮には、「家事も満足にできないと義母に責められて別居中」とも報道された。昨年12月の衆院選でも、島本アナは夫の選挙事務所に顔を見せなかった。

引用:日刊スポーツ

嫁姑問題でこんな美人アナウンサーと離婚とはもったいないですね^^;

小倉まさのぶは子供がいないのに少子化担当大臣な理由は?

2度の結婚をしてはいるものの子供がいない小倉まさのぶ議員がなぜ少子化担当大臣に選ばれたのかですが、それには政治活動の内容が関係していました。

小倉まさのぶ議員の主な政治活動内容がこちらです。

【政治活動内容】

  • マッチングアプリに関する規制
  • 「子どもの健全な成長のための外あそびを推進する会」に顧問
  • 乳幼児の遊具の問題
  • 在外教育施設への支援
  • 民生委員・児童委員制度勉強会

このような活動をしていることから少子化担当大臣に選ばれたようです。

しかし、ネットの声ではスピード離婚や子供がいないことで務まるのか?などの声も多くありました。

児童手当の補充や教育費無償化などの政策を取り組みに成功すれば、厳しい意見もなくなるかもしれませんね!

ぜひとも今後の活動も頑張っていただきたいです^^

まとめ

「小倉まさのぶの再婚相手や元嫁は誰で顔画像は?子供なしでも少子化担当大臣!」と題してお送りしました。

【小倉まさのぶの再婚相手】

  • 滋賀県に本社を持つフジテックの社長令嬢
  • 現在(2022年8月)32~33歳

【小倉まさのぶの元嫁】

  • テレビ朝日アナウンサーの島本真衣

【小倉まさのぶは子供がいないのに少子化担当大臣に選ばれた理由は?】

  • 政治活動内容に理由がある

【政治活動内容】

  • マッチングアプリに関する規制
  • 「子どもの健全な成長のための外あそびを推進する会」に顧問
  • 乳幼児の遊具の問題
  • 在外教育施設への支援
  • 民生委員・児童委員制度勉強会

スピード離婚や再婚、子供がいないなど少子化担当大臣としてはマイナスなイメージが多い小倉將信(おぐらまさのぶ)議員。

それを吹き飛ばすくらいの政策や活動を今後は期待したいですね^^

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

error: Content is protected !!