MIZUNO BLOG
スポーツ

堀越啓太の出身高校や中学に身長は?両親(父・母)や兄弟も野球経験者?

東北福祉大の1年生右腕、堀越啓太投手が最速162キロをマークしたことがで話題になっていますね!

非公式ではありますが、プロ野球日本投手歴代最速の大谷翔平投手の165キロ、2位のロッテ・佐々木朗希投手の164キロにも迫る球速です!

これは今から注目しておきたい選手ですね^_^

そこでこの記事では、堀越啓太投手の出身高校や中学、身長体重などのプロフィールを調査してみました。

また、野球選手の両親、特に父親や兄弟も野球経験者という場合が多いので、堀越啓太投手の家族構成についても調べてみましたよ!

  • 堀越啓太の出身高校や中学
  • 堀越啓太のプロフィール(身長・体重)
  • 堀越啓太の両親(父・母)や兄弟も野球経験者?

堀越啓太の出身高校や中学・小学校

堀越啓太投手の出身小学校・中学・高校は以下の通りです。

小学校:飯能市立加治小学校(飯能リトル)

中学校:飯能市立加治中学校(所沢南シニア)

高校:花咲徳栄高校

堀越啓太投手は加治小2年時に飯能リトルで硬式野球を始めます。

加治中学校時代は所沢南リトルシニアに所属していました。

下級生の頃から恵まれた体格を生かしたプレーで、チームの中心選手として活躍していたそうです。

また、中学3年時には「2018年北関東支部夏季大会」で優勝に輝いています。

 

高校は野球の名門校花咲徳栄に入学し、高2の秋からベンチ入りしますが、甲子園出場の経験はありません。

高2秋:主戦としてベンチ入り、県3回戦・叡明戦で5回11-1完投勝利

高3春:背番号10番で挑み、救援エースとして関東8強進出

(全8戦中6試合すべて救援、計7イニングを投げ、6安打8K、防御率3.86)

高3夏:埼玉大会にて山村学園に5対6(8回まで1対5)で敗れ5回戦で敗退

堀越啓太投手は高校時代にフォームを改造し球威が向上します。

これは監督からのアドバイスで大きいテイクバックに変えたことが大きな要因だったそうです。

これにより、高校時代には最速147キロをマーク。

右腕としてプロ注目の存在でしたが、残念ながらドラフトでは無念の指名漏れに終わります。

堀越啓太の大学

そして堀越啓太投手は宮城の東北福祉大に進学し、1年生の春からベンチ入りを果たしています。

リーグ戦では最速155キロを計測し、リーグ戦通算8試合で10回1/3を投げ17奪三振をマークして防御率0・87という成績でした。

現在の球種と急速などは以下の通りです。

球種:直球、スライダー、フォーク

急速:最速162キロ(非公式)

50メートル走:6秒6

遠投:110メートル

堀越啓太投手は花咲徳栄引退後の自主練で、大きな筋肉のパワーを生かす体の使い方のコツをつかみます。

さらに佐々木朗希選手を参考に、足を高く上げるフォームに変更もしたとのこと。

これらによって、爆発的な力をボールに伝えるすべを身につけたことが球速アップにつながったそうですよ^_^

堀越啓太のプロフィール(身長・体重)

堀越啓太投手のプロフィールがこちらになります。

名前:堀越啓太(ほりこしけいた)

生年月日:2003年7月15日

年齢:19歳(2022年現在)

出身:埼玉県飯能市

身長:184cm

体重:90キロ

投打:右投げ右打ち

身長184cm、体重90キロということで恵まれた体格をしているということが分かりますね。

一時は92キロまで増量しパワーアップを図りましたが、効率のいいフォームを手に入れたことで、現在は2キロ減の90キロでも球速は伸び続けているそうですよ!

堀越啓太の両親(父・母)や兄弟も野球経験者?

堀越啓太投手の両親や兄弟などの家族に関する情報は今のところ見つかっていません。

堀越啓太投手のツイッターアカウントもありましたが、非公開になっていたのでプライベートに関する情報はわかりませんでした。

 

兄弟も野球をやっていれば話題になりそうですが、そのような情報はなかったので一人っ子なのか、兄弟は野球はしていないのかもしれませんね。

また両親(父・母)に関する情報もなかったのですが、恵まれた体格は両親からの遺伝でしょうから、ご両親も何らかのスポーツをやっていた可能性は高そうです。

 

なにか情報が入りしだい更新したいと思います。

まとめ

ここまで「堀越啓太の出身高校や中学に身長は?両親(父・母)や兄弟も野球経験者?」と題してお送りしてきました。

小学校:飯能市立加治小学校(飯能リトル)

中学校:飯能市立加治中学校(所沢南シニア)

高校:花咲徳栄高校

身長/体重:184m/90kg

堀越啓太投手が非公式ながら最速162キロをマークしたことで突如話題になりました。

大谷翔平投手が計測した日本人最速165キロをテレビの前で見た時は「世界レベルだ」と衝撃を受け「自分には無理だ」と思ったそうです。

しかし今は「大谷超え」も視野に捉えはじめましたね!

これは今後大注目の選手になりそうな予感です!

error: Content is protected !!